出産後 入院中に泣きたくなるくらい辛い人へ~3時間おき授乳が辛い~

スポンサーリンク




タイトル通りです。

一人目出産後に、3時間おきの授乳を助産師さんから促されてと~っても辛い入院生活でした。
我が子はとにかくずっと寝ていて、3時間おきに起こして授乳しないといけないけど
子どももそりゃ眠いから起きないし、飲まないし。。。でもまた搾乳はしないといけないから
合間1時間くらいしかお部屋にいなくてそんな時に寝れるわけもなく。。。
「もうやだ…」
親しい友や母に連絡すると、「大丈夫。」「無理しなくても大丈夫。」
という言葉にたくさん救われましたが、今思い出すと悪夢。。。

これはわかっていたことなのですが、主人も毎日面会に来られるわけでもなく、
大部屋だからお見舞いに来てくれた元同僚とも早々にお話しして帰るというなんとも
寂しい日々を送っていました。
帝王切開だったので、自分で院内コンビニに行けなくて、飲み物も買えなくてなどという理由もあったのですが。

今、そんな気持ちで入院している人いますか?
大丈夫、みんな同じです。
心が折れてる方、折れそうな方、大丈夫ですか。

もしかしたら、なんで3時間おきに授乳する必要があるのか分からない方もいますよね。
私もわかりませんでした。それにそれを聞くこともできませんでした。

保健師の友に今更聞いたら納得。
生まれた赤ちゃんって、大人と違って自分でのどが渇いていると認識できない場合が多い。
だからこそ、脱水にならないためにだいたい3時間おきに授乳するのが推奨されている。
一回にたくさん飲むことができないから、栄養面を考えると少量を何度もあげるのが良い。
赤ちゃんが大きくなってもらうため(体重増加)に必要。
特に第1子の場合には育児経験がないから3時間おきのサイクルにあてはめられることが多い。
もちろん3時間おきに授乳させることで、おっぱいが作られたり、子宮の戻りがよくなったり
お互いにメリットがある。

これを聞いてみるときっちり3時間でなくてもいいと思いますが、3~4時間おきがいいですよね。
やっぱり赤ちゃんのためには必要なのだと思いました。

この話を入院中に説明されていたら、もう少し頑張ろう!と思えたような気がします。

私は当時、赤ちゃんの動き一つ、何をするのも不安だし、心配で寝られないこともありました。
ちゃんと寝てるかなとか。
だから余計に神経をすり減らしてしまって疲れもMAXでした。
お話する人も授乳室で会うママ1人。しかも3人目でベテランさんだったから慣れてる人でした。

だから気持ちも折れていて、3時間おきに行かないといけないという助産師さんにも会いたくない。
ナースステーションに子どもを預けることもできたのですが、それをやるのは罪悪感。
母乳がいいんだよなという変な固定観念。
なんだか悪循環だったような感じです。
だから待ちに待った退院でした。

今思えば
疲れてしまったときは子どもをナースステーションに預けて寝ればよかった。
別に母乳にこだわらなくてもいいんだ。ミルクでもいいし、母乳育児は軌道に乗るまでは時間がかかる。
一人目は入院中ずっと母乳育児はほぼ無理ではないかと思います(赤ちゃんもママも準備期間が必要)。
完璧じゃなくて、無理のない範囲で助産師さん・看護師さんに頼ればいいのです。
それに気が付くことはできませんでした。

こういうのを乗り越えて母になるのだなという感じですが・・・

入院中に疲れ切っている方、大丈夫。
ナースステーションに赤ちゃんを預けて寝ませんか?
1回くらいミルクをお願いしても大丈夫。
赤ちゃんもきっとママの元気な姿の方が嬉しいはずですよ!

育児は先が長いですから、無理せず頑張りましょうね。

あの頃の自分に言いたいな~



スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク