出産して初めてわかったこと 里帰りはするべきなのか?

結局、促進剤を使ってもベビの頭の位置が少しズレていて、30時間を超える陣痛を我慢しましたが、緊急帝王切開で元気に誕生した我が子。

やはり出産というのはとっても大変なお仕事ですね。

陣痛の間、産んでくれた母に感謝し、やっぱり母って強いな~と感じました。

陣痛も手術も色々と初めての経験を沢山させてもらいました。感謝。

さて、出産して初めてわかったことも沢山ありました。

①出産した後にすぐにはお腹はへこまない。

普通に退院時には通常の洋服が着れるかとおもったら無理!妊娠5ヶ月くらいのお腹はあります。入院時に着ていったマタニティパンツで帰ってきました。助産師さんに聞いたら、足がむくみすぎて靴が入らない人もいます…って。無事に運動靴で大丈夫でしたが、すぐに体は戻らないのね…

②異常なくらいに足がむくむ

妊娠中もわりと問題なく生活出来ていたからかもしれませんが、人生で一番の足のむくみを出産後に感じました。3日目くらいからね。象の足??ってくらいにむくんでて、心配になりましたが日を追うごとに落ち着きました。

③母乳は上手くあげられない

出産前から聞いてはいましたが、「それでも、それなりにはできるでしょ~」くらいに思っていたので、私も下手だし、お外の世界に出てきた子どもも下手でした。よくイメージする授乳は退院して落ち着いてからですね。本当に練習、練習の毎日でした。

里帰りしない方は、辛いと思いますが入院中に助産師さんを捕まえて練習することをオススメします。って言っても、私は入院中が一番辛くて何度も涙を流しました(´・ω・`)

今思えばあの時辛くても頑張って良かったのですが、産む前からほぼ2晩寝ずに過ごしていたので眠くて眠くて体の限界を感じました。そして、母乳は素晴らしい!が頭にこびりついていたので、出来るだけミルクではなく母乳を!って考えが間違い。練習しつつ、ミルクに頼ればよかったな~と今は思いますよ。

④赤ちゃんって産まれたばかりはイメージする赤ちゃんの顔ではない

よく猿みたい…って聞きますが、本当にそうですね。生れたばかりはまだ人になりきれていない…感じですね。自分の子はかわいいのですが、生後2週間をすぎた頃にようやくイメージしている赤ちゃんの顔になってきました。

⑤赤ちゃんの動きすべてが不安

初めての子どもの場合でしょうが、何しろ全て不安です。

こんなに吐いて大丈夫?

片目がなかなか開かないけど大丈夫?もしかして異常ある?

こんなにミルクを欲しがらなくて大丈夫?全然起きないけど

と考え出したらキリがないくらい全てが不安になります。今思えば考えすぎなのですが、悶々としていた記憶があります。

今は少し余裕がでてきたこともあり、少し大きな気持ちで過ごせるようになった気も…します。

⑥オシッコでは泣かない

オシッコやウンチをしたら泣いてお知らせするものだと思っていましたが、紙おむつが良くなっているので、オシッコで泣いたことはありません。ウンチだってオナラで分かるけど、泣かないことも良くあります。

多分もっとあると思いますが、印象深かったものをあげました。

里帰りせずに育てていますが、やっぱり最初の子どもはすぐに心配事を相談できる人が居るというのは有り難いことです。私は退院して3日目に母が来てくれましたが、「大丈夫よ~」に何度も救われました。

今なら、里帰りは迷うならした方がいいかな…。一人目の子どもなら。が答えです。

でも、里帰りしなかったおかげで、パパはお風呂に入れてくれたり赤ちゃんを沢山抱っこしてくれたり、多分パパの自覚はすぐに出来た気もします。良い面もあります。

でも、産後は本当に悪い方にしか考えられないことが多いのでね。

今は、自分のストレス解消?リフレッシュのために母が来てくれるのがうれしいです。パパの帰りが遅いと、最悪3食一人でごはん。これも少し寂しいですし、基本?テレビなどもつけてないので、話しながら食べるごはんというのは良いですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする