妊娠後期に両親教室参加!行くべき?絶対必要なの?

この前、市が行なっている両親教室に行ってきました!

仕事をしていると平日の教室は行けないので、土曜日にたまたまやっていた沐浴がメインの教室です。

内容としては沐浴のこと、オムツや洋服のこと、赤ちゃんが泣くことについてですかね。

たぶん、10組くらいの参加者で、比較的お家がご近所の人が2グループに分かれているような感じでした。

顔見知りの人を作る事も目的らしいです。なるほどね~(*‘∀‘)

さて、沐浴ですがまずは助産師さんが沐浴の仕方を教えてくれます。その後、パパがそれぞれやってみるという感じでした。

私も8年くらい前に仕事でやらせてもらったのですが、腕はプルプルするし、腕が疲れると赤ちゃんの耳がお風呂に入っていたりで、結構大変だったことが思い出されます。手も小さいから、赤ちゃんの頭を手で支えてもきっと安定感はなし笑

でもなんとなくやり方は覚えてました。

主人は…というと、

一生懸命やってましたね(._.)うん。うん。

人形だから頭を濡らさずに頭を洗うとかはあったけど、これは人形じゃなかったら気づくから大丈夫だろうし、絶対、力がある人がやったほうがいいよね。

私は身体が小さいからもあると思いますが、助産師さんからはパパが帰ってきたらまずはお風呂に入れてもらいましょう。と言われました。

本当は病院が開いてる時間に入れると、異常があった時に良いと言われているらしいです。が、その時間に無理に入れなくて良いから、20時くらいで良いですよって。

本当はお昼のうちに入れたい気もするが…

私の中では出来る限り保育園に入った時のスケジュールに合わせたかったんだけどね。
18時くらい。ずっとこの時間に入れていれば、身体も慣れるかな~という勝手な想像ですね。

私が出産予定の病院では、出産後、練習もかねて自分の子どもを沐浴するみたいなので、その時の感じで決めようと思います。

あとは妊婦体験ジャケットも着ました。

階段の昇り降りをして、妊婦の重みを感じたようですね。

たぶんジャケットのほうが重く感じそうな気がしますが、少しずつ大きくなるお腹の感じはつかめて良かったそうです♪( ´▽`)

あとは、オムツ替えもやったり、洋服の話とか、オムツかぶれのこととか聞きました。

おしりふきに頼りすぎないのも大事なんだな~と思いました。拭きすぎはよくないんだって。てっきりおしっこの時も使った方がいいのか?とか思っていましたが、実際は使わなくてもいいらしい。汚れてないオムツのところでチョンチョンって拭けばいいらしい。

そうなんだ~(*’▽’)

夏生まれだから余計に心配だったのでオムツかぶれ防止用に、霧吹きと洗面器も購入しました。

内容としては2時間の間に最低限のことは聞けたかなと思います。

保健師さんが、最後に

赤ちゃんが泣き止まなくて辛い時は安全な場所に寝かせて、少し赤ちゃんから離れましょう。

と言っていたのが印象的でした。

誰もが、知らないうちに、大事に思うあまり赤ちゃんに危害を加えることがあるということですね。これが産後ウツやネグレクトにつながる事もあるだろうから、私もいざって時は、離れようと決意!

何が起こるかわからないけど、まぁいっかの気持ちで頑張らないといけないですね♪( ´▽`)

初めて教室に参加しましたが、行ってよかったな~と話して帰宅しました。

ちゃっかり、2人で外ランチも楽しめて良かったですよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする