結婚式当日の後悔…気を付けるべきこと

結婚式はあっという間に過ぎていきました。

どっちでも良いかな~と思っていた二人でしたが、終わった後には
「やってよかったよね!」って感じになっていたし、特段こだわりのない方は
結婚式はやるべきだと思います(*’▽’)

なんか、結婚したな~って感じがしますしね…

小柄な人が特に気を付けるべき、当日の注意点!

さて、そんな大満足の結婚式ですが、唯一めちゃくちゃ心残りがあります~

何が心残りかというと、当日のドレスの着付けです…

私はもともと小柄で、結婚式前の最終フィッティングでパニエの大きさを少し大きくして、ギリギリ裾が付くかどうか に調整をしてもらいました。
このくらいなら問題ないですね(*’▽’)って感じで、衣装室の担当さんともお話をしていました。

さて、当日、着付けなんてあんまり憶えていないくらい次々にメイクしたり髪やったりするので 考える余裕なんてなかったのですが、ここが大きな落とし穴でした。

今まで、衣装室では小柄な私は胸下でパニエをつけていたのですが、
当日は腰のあたりでしっかりと着けられていたのです。

今思えば、すっごい後悔。

当日は美容室着付けだったので、美容室の人たちにどん風に着付けるかも申し送られているもんだと思っていたし、 プロに任せておけば!って思っていました。
それが後悔の入り口でした。

当日は、裾は長くて踏んじゃうし、ドレスよりもパニエを踏んじゃって転びそうになるし、
せっかく結婚式だけ写真もお願いしたのに、入場は踏まないようにするために
ドレスをまくり上げる、足が丸見え写真しかなくって、本当に後悔しかありません。

集合写真も、せっかくの裾が中に折れちゃってみっともないし…

結婚式の移動中の写真はもう見たくない感じです。

もう一回、やらせてくれないかな~結婚式…

これからアルバムが出来てくるのですが、足元カットしてくれないかな~って思ってます。

小柄な方は当日着付けを本当に気を付けた方がよいです。
美容室の方は着付けのプロでもなんでもありません。
メイクとヘアのプロなだけです。
衣装室の方に本当に細かく着付けのポイントを聞いておくことをオススメします。

私はというと、結婚式の後に家族との会食があったのですが、
その前のメイク直しの時に衣装室の方が見に来てくれました。
すぐに胸下のパニエ位置に直してもらい、歩きやすいのなんのって感じでした。
美容室の人も、胸下でつけるんだ~って小声でいってるくらいでしたからね。

って、会食は家族だけだし、写真もないし、座ってるだけだから
もうどうでも良かった感じになって、本当に会食事にかなりの後悔で泣きそうでした。

そんなことだれも知らないと思うけどね。

個人的には、結婚式の写真も見るたびに、後悔が押し寄せてくるだけです。

小柄な方には特に気を付けてくださいね!
私と同じ後悔をしませんように!素敵な結婚式を♡

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする