横浜グランドインターコンチネンタルホテル ウエディング装花 第一園芸とムサジャパン

久しぶりにウエディングネタです。

挙式も迫って来ると、会場の装花についての打合せがあります。インターコンチネンタルホテルでは第一園芸とムサジャパンが提携花屋でした。

プランナーさんからは両社のパンフレットなどをもらい、どっちがいいか決めて教えてくださいねと言われます。

第一園芸は花器の種類が多く、お花をふんだんに使った感じ

ムサジャパンはグリーンを多めに使った感じ です。

私もお花の仕事をしているので、お花の価格もわかります(だいたいの仕入れ値から販売価格まで)。

パンフレットにあるような会場装飾は、普通の人ならあり得ないのかな~と思いました。たぶんあれをしようとすると結構なお金がかかる気がします。(ウエディングは通常の2倍くらいって聞きますしね)

だから、どっちを選んでもかかる費用はそんなにかわらないと思い、グリーンよりかはお花かな~と第一園芸を選択しました。

お打ち合わせでは、どんなイメージにしますか?と聞かれ、
具体的な写真もいくつかありますが、種類は多くなかったので、一番時間がかかりました。

家主は写真を見てイメージしたいタイプなので(男性はそうだと思いますが)、会場のイメージもしにくいし、私はどっちかっていうと、これでこんなにお金かかるんだ~にビックリしていたので、お花屋さんにほとんどお任せでいいや~って思っちゃったんですね。
で、結局、華美にせず、予算内でできるものをこんな色味でって感じのお任せにしました。

私たちは会食だったので、真ん中のテーブルにお花をおいてもらうことにしました。
やっぱり、装花は通常価格の2倍くらいなのかな…という印象です。

まぁ、この日のために状態の良い花を得るため10本必要なら、2箱以上購入してその中から良い花を選んで作っているはずなので(ブーケも同じ)しょうがないとは思うのですが。

ということで、装花に関しては、グリーンが好きかお花が好きかで選ぶのが良いと思います。

そして、装花を少しでも安く済ませたいならば、お花の好みをあまり通さないことです。旬の花を使ってもらい、その中で好きな色を使ってもらう。もし好きな花が挙式の時に旬を迎えるなら聞いて見ればいいと思います。

私はラナンキュラスが一番好きな花なのですが、挙式には少し早かったので、ギリギリ間に合うかどうかのダリアが入ればお願いしました。バラは年中ありますが、季節によって色味で価格に変動があります。12月の赤薔薇は仕入れ値が高くなるので割高感があったりね。そのあたりを相談しながら決めると良いと思います。

第一園芸くらいの大手だと、仕入れられない花はそんなにないような気がしますが、その分価格との調整もあるので、どのくらい装花にかけるのか決めて、話すと良いと思います。

たぶん、招待客が多い会場で装花をケチると、華やかさには欠けると思います。それだけお花には華やかさがあります。生花が持つ生命力みたいな力もありますし、なにより、お花はあるだけで人を幸せにするのではないかと思います。

なので、大きい会場で披露宴を行う場合には、ケチりすぎず、キャンドルなどの小物を入れたり、旬の花を使ってお花のプロにお願いしましょう(*‘∀‘)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする