共働きの夫婦の夕ご飯事情 作る?作らない?

会社で、よくしてくれる先輩に

「夜ご飯どうしてるの?作ってるの?」
と聞かれ、
「平日でもよっぽど遅くない限りは作りますよ」
と答えたら
「えー!頑張るね~。意外とやるんだ」
「私…意外と!やるんですよ笑」
という会話をしました。自分で言うのもなんですが、
傍からみるとあっさりした人に見えるらしい…(笑)
そんなに間違ってはないです。

他の人はどうなのかな~と思って、周りの子どもがいない共働きさんの話を聞くと、
ほとんど別生活のようです…。
早く帰った時だけは作る。みたいなね。まぁほとんど作らないらしい。
そういうもんなんだな…夫婦って。

実はこの夕ご飯問題については私はどうしたいのかよくわからないのです。
別に嫌々作ってるわけでもないんだけど、それが当たり前と思われるのも嫌な気持ちも心のどこかであって。
だからって、作るのも嫌なわけじゃないし…むしろ料理は得意分野。
外で食べるとお金もかかるし…みたいな感じ。

嫌なら作らなくていいよとかって言われるのが
一番イラッとしちゃうので、言わないで!とは願っているけど。
嫌じゃないんだけど、複雑な感情…

共働きの私たちの食事ですが、
私は19時30分から20時頃帰ってきて、家主はだいたい21時に帰ってくるので、
夕飯の準備の後に作り置きおかずを作ります。
切り干し大根、ひじき、きんぴらごぼう、かぼちゃの煮付けは鉄板です。
冷凍にもできるのとっても便利。お弁当にも良いし。
そして、小松菜などの葉物野菜も茹でて切っておくと、1日目はおひたし、2日目は胡麻和え…とかなり楽になるので安いと必ず買います(笑)
手抜き大好きなのでカレーを作るときは大量に具材を入れて、
ルーを入れる前に半分に分けてカレーとシチューの2つを作るし。
ここで、カレーのジャガイモ以外を一回分のジップロック冷凍にしておくと自分がいない日に家主に置いておくとあっためて食べれるので便利なのでとっておいたり。
基本的には冷凍万歳派ですね♪( ´▽`)
いかに楽するか!を研究しています。

それでも、家主は出来合いのものよりは作ったものを喜んでくれるので嬉しいことです。

昨日は
「肉~ってもの食べたい」と言われ、
「塊?シチューに入ってる肉とかじゃなくて?」
「塊みたいなのがいいね」
という会話をしました。

肉だけ焼いて出すことはほとんどないのでね…
で、結局残っていた鶏肉をソテーし、周りにキノコも入れて火を通して、鶏肉をお皿にとって、最後にポン酢風のタレをキノコにかけて火を入れて鶏肉の上にかけて、最後に青じその刻み、かけて一品完成させました。

青じそ使うところが料理好きっぽい感じがしますが
風邪気味?アレルギー?の家主は、日々鼻をズルズルさせていて、
アレルギーなら青じそが良いらしいので、毎日少しずつ食べさせています。
私は意外と健康オタクなので、食事でなんとかしようと試みるのです。
その効果がそろそろ発揮されてもいいのだけど…
まだまだ健康体には遠そうです…(._.)

勝手にだけど、夫婦の夕飯なんていかに楽するかな気もしますが、
楽しんでやるのが一番ですね!

というのも、今日社内の打合せで、他人の幸せを願う人の方が幸福度が高いって聞いて
ますます、喜んで食べてもらえるものを作ろうと決めたのです~(*’▽’)

単純なやつですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする