許せないことが起きたらどうしますか?伊集院静『許す力』

年末を感じることが多くなってきました。

道路の夜間工事が増えたり…
街がクリスマス雰囲気になったり…
通勤途中に、今年一年を振り返りました。
うんうん…
今年も一年色々あったな〜
振り返ってみると、いろんな意味で人生のターニングポイントを迎えた1年となりました。
きっと家主も同じかな…
その時は、一大事だったことも、
今となっては懐かしい思い出となりました。
こんな風に過ぎていくのですね…
そんなことを思って、
ふと…写真を見て、要らないものは消したりしていて…懐かしいものが出てきました。
伊集院静「許す力」
伊集院静「許す力」2
なんでしょう(・_・;?
これは、伊集院静さんの
「許す力」という本です。
3月から4月にかけて、
私にはどうしても、すんなりと許せないことが起きました。
その時にタイミング良くこの本に出会いました。
あの時は救いの本だとさえ思ってましたね。
写真が拡大できるかわかりませんが、
この本には
許せないことは許さなくていい。許せないなと思ったまま心のポケットにしまっておく。
許せないことが起きることが人生。生きているということ。
許せないことも、心の中でなにかの力になっている。
というような事が書いてありました。
それからは許せないことを引っ張り出すのはやめました。
私は本当は許さないよ!と思って、心にしまって今に至ります。
あっ!あの頃よりは、許せてるとは思うけど、心のどこかでは許せていないという位ですよ♪( ´▽`)
私も、なんでも許せるほど大人じゃないし…
頭で考えるのと、心で思うことは違うのでね。
あの時は、仕返ししてやろうかな!とまで思ったのですが、あまり意味がないのでやめました(笑)
そうしても、気分は晴れないからね。
思い返せば、イラっとしそうですが(笑)
こんな風に大人になるのかな〜と、しみじみ感じました。
これからの人生…許せないこと増えるのかな…
あんまり増えないことを願う1日でした。








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする